企業ロゴの必要性について

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

会社を作った時には最初に決めなければいけないものが色々あります。その中でもどんなロゴを作ることについては、決めなければいけないもののひとつと言われています。実際に企業のロゴを作ることは重要なことです。ロゴがあることによってお客様に自分のロゴを覚えてもらえるようになり、これから作る商品をはじめとして名刺や自社のパンフレットや資料などに統一感を出すことができます。このようなことから企業ロゴはなるべく最初のうちに作らなければいけないといわれています。また他の会社を見てもわかるように、企業のロゴがそのまま企業のイメージやブランドイメージと結びついていえるでしょう。これから会社を覚えてもらうためにも、会社をお客様に知ってもらうためにも、企業ロゴは必要になります。企業ロゴの役割についてみていきましょう。

企業ロゴは会社の顔になる

企業ロゴがあることによって企業理念を文字を使わずに伝えることができます。そのロゴマークの中に企業理念を入れることができるメリットは、お客様にも自社のスタッフにも共通して企業理念をすりこませることができることです。お客様に企業理念を理解してもらうことは取引をするうえやサービスを理解してもらう中で重要になります。そして企業が成長するために必要なことは会社のスタッフが同じ方向を向いて事業を進めていくことです。

企業ロゴマークは会社の顔になります。またロゴの中に企業の理念を入れることによって、実際に取引先にサービスや商品への理念を知ってもらうことができます。このように企業ロゴがあることによって理念を示すことができるでしょう。企業ロゴは重要なものになります。

また企業ロゴは会社の顔になるといったように、ロゴのデザインを依頼する上で重要なことは企業ロゴデザインのコンセプトを決めることです。企業ロゴにどのような思いや気持ちでサービスを提供しているのかを知ってもらうことによって、会社を理解してもらえるでしょう。

統一感・一体感を出すことができる会社でロゴを制作するときにもロゴは重要な役割を担っています。人間は文字よりも絵の情報のほうが脳にインプットされやすいと言われています。ビジネスをしていく中で必要なものはたくさんありますよね。たとえば名刺や封筒、そして会社のパンフレットなど例をあげればキリがありません。そのようなものを制作するときに会社のロゴが入ることによって一気に統一感を出すことができます。実際に名刺や資料を作る中で会社のロゴが入っているかいないかでは見た目が全く違うでしょう。見た目もよくなり、それを見るお客様にもこれはこの会社が作っているものとわかってもらうことができます。このようにロゴがあることによって会社の作ったものに対して統一感を出すことができるといえるでしょう。

ロゴは身近にある

ロゴは身近にあふれています。逆にロゴのないものを見つけるのが大変なくらいです。たとえば国旗やスポーツチームのロゴにも当てはまります。ロゴがあることによって帰属意識を高めることができます。たとえばサッカーの国際試合を見た時に日本の旗を見て日本を応援したくなるように、ロゴにはそのような力があります。会社のロゴも同じように、ロゴを普段から見ていく中でその会社への帰属意識を高めることができると言えるでしょう。このようにロゴがあることは一体感を出していく中で非常に重要な役割を担っています。このようにロゴは身近なところにあふれています。何気なく身の回りを見渡してみるとロゴだらけということに気が付くでしょう。

企業ロゴがあることによってブランドイメージを作ることができる

企業ロゴがあることによって信頼度をあげることができます。実際に消費者がロゴ入りの商品と、ロゴのない商品を見た時にはロゴ入りの商品を購入するというデータもあります。些細なことに見えますが、企業ロゴひとつで消費者の行動も変わるのです。また文字をわざわざ読まなくてもロゴで判断をしてもらえるケースもあります。

ロゴがある商品のメリットとしてロゴがある商品とロゴがない商品の差別化をすることができることです。実際に同じような商品でも、ロゴのある商品とロゴのない商品では見た目や消費者の心理が大きく変わるでしょう。

それ以外にもロゴを作ることによって企業のブランドを作ることができます。一度築きあげたブランドは消費者の信頼に繋がり、次の購買行動に結びつきます。ブランドイメージをつけることは商品やサービスを作っていく上で非常に重要です。そのため企業ロゴが必要になるのです。説明する必要もないくらい色々な場所に企業ロゴはあふれています。中には企業の名前を出さなくても、ロゴを見るだけでその企業名や企業のイメージが出てくるものもあるはずです。そのくらい企業ロゴは重要なものになります。そのため会社を作った時の最初のほうからロゴを作る必要があるのです。

ロゴマークとロゴタイプは違う

ロゴマークとロゴタイプは同じように扱われることが多いのですが、明確な違いがあります。ロゴマークは絵が中心になるもので、ロゴタイプは企業名や商品名をデザインしているものです

それぞれにメリットがありロゴのメリットはロゴタイプよりも印象に残りやすいというメリットがあります。人間は文字を見た時よりも絵を見た時の方が記憶に残りやすいことから、ロゴタイプよりもロゴマークのほうが優れていると言われています。

反対にロゴタイプのメリットは直接企業名を覚えてもらえるところです。ロゴマークの場合は絵を覚えてもらえる可能性はありますが、社名やサービス名まで覚えてもらうことは難しいです。しかしロゴタイプの場合は商品名やサービス名ごとデザインになっているので覚えやすいと言われています。そのため商品名をおぼえてもらいたい場合にはロゴタイプになります。

まとめ

会社のブランドイメージを作るためや、お客様や取引先から覚えてもらうためにも企業ロゴはとても大切です。とくに企業ロゴがあることによって、同じようなサービスや商品があっても企業ロゴで差別化をすることができます。人間は文字よりも絵のほうが頭に残りやすく、会社を覚えてもらうために企業ロゴは必須と言えるでしょう。まだ、会社にロゴをつけていない場合には自分の会社のイメージや理念と合うような素敵なロゴを作成してもらいましょう。