ロゴを自分で作りたい

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

ロゴを自分で作成する上でコストを抑えられるというのは前述した通りです。何より自分の会社がどのようなことをアピールしたいのか、どのような事を売りにしたいのか、ということを十分に理解している社員が作成しますので、より理想としているロゴ作成することができます。よりオリジナル性の高いロゴを作ることもできますので、これはロゴを自分で作成する上での大きなメリットであると言えます。

ただしロゴを自分で作成する場合には、よほど専門的な知識がなければあくまで素人レベルというデザインになってしまいます。ロゴはその企業の顔となるものです。さまざまな場面においてロゴが使用されますので、そのロゴが素人レベルの不完全なものであれば、ロゴを見た人の印象もやはり良くはないでしょう。

どれだけ企業成長させたい、企業の良いところをアピールしたいという明確なイメージがあったとしても、それをロゴやモーションロゴという形にできなければなにも意味はありませんし、むしろ企業のイメージを下げてしまう原因になってしまうこともあるのです。コストをできるだけは抑えたい、理想としているロゴを作りたいと思うのも分かりますが、企業の顔であるロゴをより良いものに仕上げるためには、やはりプロにモーションロゴ作成してもらうのがベストでしょう。

ロゴ業者選びのコツ

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

モーションロゴを作るのであれば、やはり自分で作成するというのがコストを抑える上で最も効果的です。自社に広告やパッケージデザインといったものを作成する知識を持つ社員がいれば良いのですが、そのような場合にはとても大変です。そのような場合には、デザイン制作会社などにロゴの作成を依頼するというのが一般的です。デザイン会社を選ぶ場合には、その会社の得意分野について、十分に理解しておく必要があります

ロゴデザイン例デザイン会社とはいっても、得意としている分野が分かれています。
動かないロゴを作るのが得意な会社もあれば、モーションロゴを作るのが得意な会社もあります。
さらに細かく言えば食品関係に強い会社、ファッション関係に強い会社など得意としている分野は多岐にわたります。
その会社がどのような分野を得意としているのかは、過去の実績を把握することで簡単に知ることができます。

デザイン会社であれば過去に作成したロゴなどの実績を、ホームページ上で公開していることが多いです。そのため、情報を隅々までチェックすることでどのような分野を得意としているのかは容易に把握することができます。より理想としているモーションロゴを作成してもらうためにも、モーションロゴの作成を得意としている業者に依頼するようにしましょう。

モーションロゴが人気の理由

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

モーションロゴは通常のロゴに比べて、見た人に与えるインパクトが非常に強く効果的なロゴであると言えます。動かないロゴと動くロゴどちらを注目して人は見るのか、と考えるとやはり動いているロゴの方を注意深く見るというのは自然なことです。企業そのもの、または企業が提供するサービスを表すとても重要な顔となる部分ですので、ロゴを覚えてもらうためにもモーションロゴは非常にプラスな要素が大きいと言います。

動かないロゴと比べても、動くロゴを使っているというだけでもクオリティが非常に高いため、デザイン性も高くそのホームページなどはもちろん、企業のグレードランクアップさせる効果があると言えます。ロゴが会社の受付においてはもちろん広告などにおいても、さまざま使用されますのでモーションロゴを使用しているのかどうかで、その企業のレベルが高いと印象づけることができます。

ただしモーションロゴは動かないロゴと比較すると、やはりコスト面において若干負担が大きくなります。動かないものに比べて動くものというのは、それだけ制作する上で費用がかかりますし、それだけで手間もかかります。こういったことからも、モーションロゴはコスト面における負担が大きくなりますが、企業としての顔をより良いものにする上で非常に効果的だと言えます。

近年では企業の情報をホームページなどから集める、ということが非常に多くなっていますのでやはりホームページ場におけるロゴのクオリティを高めるためにもモーションロゴはとても効果的なのではないでしょうか。